トップイメージ画像
トップページ » 総合新着情報 » 3階建て一般住宅の外壁タイルの防水工事を行った事例 | 大阪市旭区

3階建て一般住宅の外壁タイルの防水工事を行った事例 | 大阪市旭区

施工前施工後

前回の記事に引き続き、大阪市旭区の3階建て住宅で防水をすべてやり替えた事例です。

前回の記事はこちら▶3階建て一般住宅屋上でウレタン防水工事を行った事例 | 大阪市旭区

今回は雨漏り修繕のために行った、外壁タイルの防水工事とバルコニー部への塗膜防水処理について紹介します。

工事を行った住宅の外壁タイルには、目地の割れやたわんでいる箇所が数か所ありました。

3階バルコニー部へのウレタン塗膜防水も施しました。

それらのタイルを修復する作業として、外部へ仮設足場を組み、タイル取り合い部やサッシ廻りのシーリングのやり替え、外壁の洗浄処理やタイル用クリアー防水コーティング処理を施しました。

加えて3階バルコニー部へのウレタン塗膜防水も実施しています。

費用:約150万円 築約15年

工期:約1週間 約15人工

【1】足場組み

【2】喚起フード新設

【3】外壁洗浄

【4】外壁目地部既存シーリング撤去

【5】外壁目地部およびサッシ廻り部シーリング仕上げ

【6】タイル面シーラー材塗布

【7】タイル面クリアー防水中塗材塗布

【8】タイル面クリアー防水トップコート材塗布

【9】バルコニー部ウレタン防水材塗布

【10】バルコニー部トップ材塗布

【3】大屋根ルーフィング材貼り
【4】大屋根金物取り付け
【5】大屋根材新設
【6】3階屋根新設
     ・下地材貼り
     ・ルーフィング貼り
     ・屋根材新設
【7】取り合い部シーリング処理確認
【1】プライマー材塗布
【2】シーリング材充填
【3】シーリング

 

それでは今回の作業内容を紹介します。
【1】下地調整処理
始めに下地調整処理を行いました。
新築から30年経っており、下地調整材を塗らずに直接プライマー材(接着剤)を塗ると上手く接着しない可能性がありました。
平滑にして、接着を良くするために下地調整材を塗る作業を行いました。
屋上へは2階のバルコニーから脚立と梯子を使ってあがりました。
【2】プライマー材塗布
プライマー材を塗布しました。
プライマー材は柔らかいため雑に塗ると飛び散ってしまうことがあります。
今回の屋上は立ち上がりが低かったので、プライマー材が飛散しないように丁寧に塗布しました。
※立ち上がり・・・平らな屋上などに設置される低い手すりのような部位
【3】改修ドレーン取り付け
新築から30年経っているため、元の排水管が傷んでいる可能性がありました。ですので、元の排水管よりも一回り小さな改修ドレーンを差し込んで、排水管からの漏水対策をしました。
ドレーンの周りはメッシュクロスシートでカバーしました。床とドレーンのふちのつなぎ目を補強する目的があります。
【4】ウレタン防水材塗布
続いてウレタン防水材を塗布しました。
室外機がありましたので、架台で持ち上げて作業をしました。
室外機を動かすときに、銅の菅が折れてガス漏れすることがあります。ですので、動かすときは慎重に対応しました。
【5】ウレタン防水材2層目塗布
ウレタン防水材の2層目を丁寧に塗布しました。
【6】屋上トップコート塗布
最後にトップコート材を塗布しました。
ムラなく仕上げるためにタテとヨコで丁寧に塗布します。
トップコート材も柔らかい素材のため、勢いよく塗ると飛散してしまいます。慎重に塗って作業を完成させました。
ウレタン塗膜防水とは別で、立ち上げりの笠木のジョイント部分をシーリング処理し、2階のバルコニーについても同様の作業を行いました。
これで作業は完了です。
(h2)まとめ
工事完了後、お客様に確認していただいたところ、「キレイに仕上げていただいてありがとうございます。10年~15年は安心です。」というご感想をいただきました。
今回の工事では、防水加工に加えて排水管の改修や、屋上の笠木の取りつぎ部分のシーリング処理も行いました。予算の範囲内で対応できることはすべて対応いたしましたので、安心していただけました。
屋根や屋上の防水対策は日頃なかなか目につかず、忘れてしまうことがあります。
新築から10年や20年など節目を迎えられましたら、お住まいの防水について確認してみてはいかがでしょうか。
大阪市阿倍野区の防水工事はヤマナミまでご相談ください。

外壁タイルとバルコニーの防水工事の作業内容

【1】足場組み

はじめに作業を行うために必要な仮設の足場を組みます。

建物正面と手間の壁を覆うように足場を組み、防音シートで養生しました。

 

【2】喚起フードの新設

足場を組んで上がってみたところ、換気フードが破損してしまっていました。

お客様にお伝えしたところ、この機に新しくされたいとのことでしたので、交換しました。

 

【3】外壁洗浄

防水処理を行う前に、高圧洗浄機を使って建物の外壁を洗浄しました。

 

【4】外壁目地部既存シーリング撤去

続いて既存シーリング材を撤去します。シーリング材もかなり劣化が見られました。

カッターを入れて、手で剥がしていきます。

既存のものが残らないよう、ヘラを使って目地底までしっかり撤去作業を行いました。

 

【5】外壁目地部およびサッシ廻り部シーリング仕上げ

シーリング材をすべて撤去して、目地とサッシ廻りにシーリング処理を行います。

 

【6】タイル面シーラー材塗布

続いて後の工程で塗布する中塗り材と、壁面との接着を良くするためにシーラー材を塗布しました。

また写真にはありませんが、シーラー材を塗布する前に目地部のひび割れをセメントで埋め直しています。

 

【7】タイル面クリアー防水中塗り材塗布

シーラー材を塗布したら、防水層の中心部分を形成する中塗り材を塗布します。

乾いたら透明になる防水材で、今回は厚みをつくるため3回重ね塗りしました。

 

【8】タイル面クリアー防水トップコート材塗布

中塗り材を塗布したらトップコートを塗布します。

こちらは2回塗りしました。

 

【9】バルコニー部ウレタン防水材塗布

タイル部分の防水処理完了後、バルコニー部のウレタン防水処理を実施します。

下地調整を行ってからプライマー材を塗って、ウレタン防水塗装の2回塗りを行いました。

 

【10】バルコニー部トップ材塗布

ウレタン防水材の塗布後、トップコートを塗って完了です。

バルコニーには室外機があるので、架台に移して処理しました。

室外機の裏にはガス管が通っていることが多いため、架台を移すときは慎重に行って、足の部分の防水処理もしっかり行いました。

 

まとめ

外壁タイルの保護材にはつやを出すものもあります。

しかしつやが出やすい分、風化しやすいです。

ですので今回の事例のように雨漏りや水漏れなどがある場合は、厚みのあるクリアな防水材を使うことがおすすめです。

当社ヤマナミには外壁タイルの防水工事の実績が多数あります。

大阪市旭区で外壁タイルの防水工事についてお考えの方は、ヤマナミまでご相談ください。

【1】既存防水層脆弱部の捲り
【2】既存防水層捲り下地調整処理
【3】下地補修
【4】床部通気シート貼り
【5】床通気シート端部テープ貼り
【6】笠木部シーリング材充填
【7】床部ウレタン防水材塗布
【8】排水口部改修用ドレーン取り付け
【9】脱気筒設置
【10】トップ材塗布
【3】大屋根ルーフィング材貼り

【4】大屋

 

2020-12-22 15:05:10 | RSS