トップイメージ画像
トップページ » 総合新着情報 » ビル(社屋)で雨漏り!屋上天窓と笠木まわりのシーリング防水工事 神戸市兵庫区

ビル(社屋)で雨漏り!屋上天窓と笠木まわりのシーリング防水工事 神戸市兵庫区

施工前施工後

神戸市兵庫区にある、3階建てビル(社屋)にて「雨漏りが数箇所からしていて、困っています!」とご連絡を受けました。

 

 

まず雨漏りが酷いのは、階段室の上にある天窓からです。

当然ながら階段に水がしたたり落ち、掃除が大変で、もしかすると滑って転倒するリスクもあります。

 

 

また、ビルの角に位置するサッシからの雨漏りも酷いとのことでした。

この部屋には事務機器が置いてあり、濡れると故障するおそれがあるため、その都度の対策が大変だったそうです。

 

 

サッシからの雨漏りの原因は、屋上の笠木の劣化だと考えられました。

笠木自体も傷んでいますが、シーリングの劣化が進み、隙間が広がっていることが分かります。


他にもいくつか軽微な雨漏り箇所があり、提案できることは様々ありましたが、「予算はなるべく抑えたい」とのことで、まずは天窓まわり・笠木まわりのシーリング補修を行い、業務に支障が出る箇所の雨漏りを止めることに決定しました。

費用:約12万円

工期:約3日間 約6人工

【1】天窓まわりの養生

【2】天窓まわりのシーリング処理

【3】笠木まわりのシーリング処理


ビル(社屋)の雨漏りを止めるシーリング防水工事の流れ

では、今回のビル(社屋)の雨漏りを止めるための、シーリング防水工事の流れを説明していきます。


【1】天窓まわりの養生

 

天窓まわりのシーリングの打ち直しのために、まずは養生を施した様子です。

 

作業場所は3階建てのビルの屋上です。当然ですが高い場所なので、近くの手すりから安全帯をかけて、万が一の転落事故を防ぎます。

 

また、ガラスを踏むと(これも当然ですが)割れてしまうので、足元にも細心の注意を払いました。


【2】天窓まわりのシーリング処理

 

新しいシーリングを打っている様子です。

 

シーリングは、壁に使う用(変性シリコン)と、ガラスに使う用(シリコン)で使い分けることが肝心です。

 

ガラスは素材として特殊であり、もしもガラスに壁用のシーリング(変性シリコン)を使ってしまうと、わずか半年ほどで劣化してしまいます。

 

 


【3】笠木まわりのシーリング処理

 

天窓まわりのシーリング完了後、笠木まわりのシーリングを行いました。

 

 

 

ここは、笠木の下部です。ここは元からシーリングなど無しでこの状態、隙間が空いていました。

 

おそらくここからは、雨が強い日に、雨水が吹き込んでしまうものと思われます。

 

 

そのため上の写真のように、笠木下部に新たにシーリングを打って、隙間を無くしました。

これで、雨水が吹き込んでくるおそれがほぼ無くなります。

 

 

 

もちろん笠木上部も、ビス穴まで綺麗にシーリングを打ち直し、今回のシーリング防水工事は完了です。


【ちなみに】社屋・コロナ禍だからこその配慮点

先述したように、雨漏りがするサッシがある部屋には、事務機器が複数置かれていました。


工事が完了するまでは、まだ水がしたたり落ちてくるおそれがあるので、故障を防ぐために事務機器を違う所へ動かしていただきました。

 

また、「コロナ禍なのでなるべく対面は避けたい」というお話があり、出入りには外階段を使わせていただき、ビル内へは極力入らないように配慮しました。

まとめ

天窓まわり・笠木まわりのシーリング防水工事完了後、特に酷かった2箇所からの雨漏りは、無事に止まったそうです。

 

今回のビルのように角地に建つビル(両隣に建物がない)では、雨風が当たりやすく、メンテナンスの重要度が高いです。

 

また、天窓は「シーリングが命!」であり、5~10年に1度は打ち直さないと、雨漏りしてしまいます。

 

予算を抑える場合でも優先して点検し、必要に応じ速やかに補修工事を依頼することを推奨します。



神戸市兵庫区でビルの雨漏りにお困りの際は『ヤマナミ』にご相談ください。

 

2021-10-20 10:51:38 | RSS