トップイメージ画像
トップページ » 総合新着情報 » 店舗土間と内壁破損部の補修工事 | 大阪市住吉区

店舗土間と内壁破損部の補修工事 | 大阪市住吉区

施工前施工後

鉄筋コンクリート造りのマンション1階にある店舗改装工事に伴い、土間の浮いている部分や内壁破損部の補修工事を行いました。

 

ご依頼いただいたのは知り合いの工務店さんからで、調査と補修工事を実施して欲しいとのことでした。

 

現場を確認したところ、土間と内壁部分に浮きやひび割れが数か所見られました。

 

土間の浮き部にはエポキシ樹脂を注入処理し、内壁ひび割れ(クラック)部分にはエポキシ樹脂の注入処理と仕上げ樹脂モルタル成形処理を施しました。





費用:約12万円 約30年

工期:約2日 約4人工

【1】土間コンクリート浮き調査

【2】土間注入口マーキング処理

【3】土間注入口穴あけ

【4】土間注入口ブロワー処理

【5】土間浮き部エポキシ樹脂注入

【6】内壁エポキシ樹脂注入


補修工事の作業内容

それでは今回の作業内容を紹介します。

【1】土間コンクリート浮き調査

まずは土間を打診してその音を聴きます。

音によって浮いているところとそうでない箇所を見極めます。

 

【2】土間注入口マーキング処理

打診後、浮いている部分やひび割れがあるところにマーキングしていきました。

このマーキングした箇所に後ほど、エポキシ樹脂を注入しています。

 

【3】土間注入口穴あけ

続いて、マーキングした箇所にドリルで穴をあけていきます。

浮いているのはモルタルで、その下にはコンクリートがありました。

モルタルは約2-3cm、分厚いところで5cmほどありますが、モルタルを貫通して下のコンクリートに5mm-1cmほどの深さの穴をあけています。

 

【4】土間注入口ブロワー処理

穴をあけた後、ブロワーで空気を吹き付けて細かい破片やチリを取り除きました。

これを行わないと、中にゴミが残ったままになって接着が悪くなります。

 

【5】土間浮き部エポキシ樹脂注入

続いて、穴にエポキシ樹脂を注入しました。エポキシ樹脂を入れることで、中でコンクリートとモルタルが接着し、補強されます。

注入の際には、ノズルと穴の隙間にウエス(布)をあてて行いました。布を当てて行うことで横の隙間がなくなり、圧をかけやすくなります。

またエポキシ樹脂の漏れも防ぐことができます。

ひび割れ部分にはエポキシを刷り込んで処理を行いました。

【6】内壁エポキシ樹脂注入

続いて内壁にもエポキシ樹脂を注入していきます。

こちらも隙間がないようにウエスを押し当てながら作業を行いました。

樹脂モルタルは違和感がないように、平滑に塗り、仕上げ時に目立ないよう注意しました。

ウエスはエポキシ樹脂が固まる前に取り、これで作業は完了です。

まとめ

今回は、店舗内部の土間と壁の補修工事について紹介しました。

建物内部も経年劣化等で傷んでいきます。この事例の土間の浮きやひび割れも経年劣化が主な原因であると考えられます。

このような症状を放置したまま、上に新たな素材を貼ると浮いたり、破損につながったりすることも珍しくありません。

しっかりと補修してから工事をすることが大切です。

ヤマナミでは土間や内壁の補修工事を行っています。

大阪市住吉区でお困りの方はヤマナミまでお気軽にご相談ください。

【4】ポリマーセメント防水トップ材塗布
【5】軒下入隅部シール処理

 

2021-05-14 16:13:15 | RSS