トップイメージ画像
トップページ » 総合新着情報 » 3階建て住宅で外壁と階段の塗装を実施した事例 | 大阪市旭区

3階建て住宅で外壁と階段の塗装を実施した事例 | 大阪市旭区

施工前施工後

以前施工例として紹介した大阪市旭区の3階建て住宅にて、階段部の外壁と階段鉄部に塗装を行った事例です。

前回の記事はこちら▶3階建て一般住宅の外壁タイルの防水工事を行った事例 | 大阪市旭区

今回は階段部の外壁と階段鉄部を塗装した作業について紹介します。

工事を行った外壁については、クラック(ひび割れ)が見られました。

また屋外階段はサビがあったため、1階〜3階までサビの除去を行ってウレタン樹脂塗装を行いました。

階段の色はオーナー様に選んでいただき、その色に従ってサビ止め材などを塗装しました。

費用:60万円 築約15年

工期:約1週間 約12人工

【1】階段壁の破損部を樹脂モルタルで整形処理

【2】階段壁の下地調整処理

【3】階段壁水性シリコン樹脂塗装

【4】階段鉄部ケレン処理

【5】階段鉄部サビ止め材塗布

【6】階段鉄部ウレタン樹脂塗装

【3】大屋根ルーフィング材貼り
【4】大屋根金物取り付け
【5】大屋根材新設
【6】3階屋根新設
     ・下地材貼り
     ・ルーフィング貼り
     ・屋根材新設
【7】取り合い部シーリング処理確認
【1】プライマー材塗布
【2】シーリング材充填
【3】シーリング

 

それでは今回の作業内容を紹介します。
【1】下地調整処理
始めに下地調整処理を行いました。
新築から30年経っており、下地調整材を塗らずに直接プライマー材(接着剤)を塗ると上手く接着しない可能性がありました。
平滑にして、接着を良くするために下地調整材を塗る作業を行いました。
屋上へは2階のバルコニーから脚立と梯子を使ってあがりました。
【2】プライマー材塗布
プライマー材を塗布しました。
プライマー材は柔らかいため雑に塗ると飛び散ってしまうことがあります。
今回の屋上は立ち上がりが低かったので、プライマー材が飛散しないように丁寧に塗布しました。
※立ち上がり・・・平らな屋上などに設置される低い手すりのような部位
【3】改修ドレーン取り付け
新築から30年経っているため、元の排水管が傷んでいる可能性がありました。ですので、元の排水管よりも一回り小さな改修ドレーンを差し込んで、排水管からの漏水対策をしました。
ドレーンの周りはメッシュクロスシートでカバーしました。床とドレーンのふちのつなぎ目を補強する目的があります。
【4】ウレタン防水材塗布
続いてウレタン防水材を塗布しました。
室外機がありましたので、架台で持ち上げて作業をしました。
室外機を動かすときに、銅の菅が折れてガス漏れすることがあります。ですので、動かすときは慎重に対応しました。
【5】ウレタン防水材2層目塗布
ウレタン防水材の2層目を丁寧に塗布しました。
【6】屋上トップコート塗布
最後にトップコート材を塗布しました。
ムラなく仕上げるためにタテとヨコで丁寧に塗布します。
トップコート材も柔らかい素材のため、勢いよく塗ると飛散してしまいます。慎重に塗って作業を完成させました。
ウレタン塗膜防水とは別で、立ち上げりの笠木のジョイント部分をシーリング処理し、2階のバルコニーについても同様の作業を行いました。
これで作業は完了です。
(h2)まとめ
工事完了後、お客様に確認していただいたところ、「キレイに仕上げていただいてありがとうございます。10年~15年は安心です。」というご感想をいただきました。
今回の工事では、防水加工に加えて排水管の改修や、屋上の笠木の取りつぎ部分のシーリング処理も行いました。予算の範囲内で対応できることはすべて対応いたしましたので、安心していただけました。
屋根や屋上の防水対策は日頃なかなか目につかず、忘れてしまうことがあります。
新築から10年や20年など節目を迎えられましたら、お住まいの防水について確認してみてはいかがでしょうか。
大阪市阿倍野区の防水工事はヤマナミまでご相談ください。

階段壁と階段鉄部の塗装工事の作業内容

それでは作業内容を紹介します。

【1】階段壁の破損部を樹脂モルタルで整形処理

はじめに外壁の破損部に樹脂モルタルをコテで充填していきます。

樹脂モルタルで補修した部分と破損がない既存部分との段差をなくすために、スポンジを使って周辺部分にも樹脂モルタルをなじませました。

また今回の塗装では仕上げを綺麗にするため、樹脂モルタルに加えてより細かいカチヨン系の下地調整材を使った処理も行いました。

 

【2】階段壁の下地調整処理

続いて塗料で補修部分と既存部分の下地調整処理を行いました。

 

【3】階段壁水性シリコン樹脂塗装

下地調整処理後、水性樹脂シリコンを2回塗りします。

塗料は乾くと色が変わるので、乾いたときに塗りムラが無いよう丁寧に塗装しました。

 

【4】階段鉄部ケレン処理

続いて階段鉄部に塗装を行うためにケレン処理をします。

ケレンは塗料の接着をよくすることが目的です。

1階〜3階までをケレンして、サビや既存の塗料、チリなどを取り除きました。

 

【5】階段鉄部サビ止め材塗布

次にサビ止め材をムラなく塗装。

仕上げ材が薄い緑の色だったので、白のサビ止め材を使用しました。

 

【6】階段鉄部ウレタン樹脂塗装

仕上げにウレタン樹脂塗装を行いました。

1階から3階まで、ステップ、手すり、裏面を2回塗装します。

塗装する素材の表面の影響でローラーの柄が出ましたが、綺麗な仕上がりになるよう塗装する際にタテとヨコの順番で丁寧に行いました。

以上で作業は完了です。

 

まとめ

今回の作業で建物すべての工事が完了です。

仕上がりを見てお客様からは、「綺麗になりました」というお声をいただきご満足いただきました。

今回工事を行った建物は築15年ほどの建物ですが、それだけ年月がたつとどうしても経年劣化していきます。

建物の機能と外観を保つためには、定期的に外壁塗装を行うことをおすすめします。

外壁や階段の塗装をお考えの方は、ヤマナミまでご連絡ください。

【1】既存防水層脆弱部の捲り
【2】既存防水層捲り下地調整処理
【3】下地補修
【4】床部通気シート貼り
【5】床通気シート端部テープ貼り
【6】笠木部シーリング材充填
【7】床部ウレタン防水材塗布
【8】排水口部改修用ドレーン取り付け
【9】脱気筒設置
【10】トップ材塗布
【3】大屋根ルーフィング材貼り

【4】大屋

 

2021-01-14 15:11:30 | RSS