トップイメージ画像
トップページ » 総合新着情報 » 雨漏りの影響でめくれた階段の防滑シートを貼り替え 大阪市都島区のマンション

雨漏りの影響でめくれた階段の防滑シートを貼り替え 大阪市都島区のマンション

施工前施工後

マンション階段の防滑シートが雨漏りの影響でめくれてきた

マンションの階段防滑シート貼り替えの事例です。 

こちらのマンションは、以前から補修工事などに何度かお伺いしており、少し前にも外壁からの雨漏り工事を行ったところでした。

工事により雨漏り自体は止まりましたが、この雨漏りの影響を受けていた階段部分の床に貼られた防滑シートがめくれてきていました。

場所によっては大きくめくれ上がり、歩く際に足を取られる危険性もあるほどでした。

ご担当者様からのご希望で1階から7階まで全ての階段をの防滑シートの貼り替えを行うことになりました。

既存のシートと同じものは廃番になっており入手できなかったので、似た色味・柄のシートを準備して工事を行ないました。

費用:約80万円 1~7階階段

工期:約5日間 約20人工

1.既存シートめくり
2.下地調整
3.シートのカッティング
4.防滑シート貼り
5.巾木取り付け


マンション階段の防滑シート貼り替え工事の内容 

1.既存シートめくり

階段の防滑シートをはがしていきます。 

めくれかけている部分を起点にスクレーパーなどで下地から剥がしていき、めくれにくい部分はカッターなどで切り目を入れてそこから剥がしました。

2.下地調整

新しいシートの接着をよくするために下地を整えます。

ボンドの跡はできるだけ剥がし、きれいに剥がれず段になっている部分は、パテで下地調整を行います。

3.シートのカッティング

階段に貼るシートをあらかじめ大体の大きさにカットしておきます。

4.防滑シート貼り

カットしたシートを階段に貼り付けていきます。

専用のボンドを塗り、少し固まってきた時点で固定します。

塗りたてだと柔らかすぎて動いてしまう可能性があるからです。

階段の入隅はしっかり密着するように、シートの裏側に切り目を入れてから、貼り付けました。

5.巾木取り付け

最後に、床と壁の境界に巾木(写真の灰色の部分)を取り付けます。

長さを合わせてカットし、専用のボンドで取り付けます。

階段の劣化した防滑シートを似た色のシートに貼り替え完了

ご依頼主様は「気になっていた部分をきれいにしてもらえてよかったです!」とお喜びでした。

マンションでは、普段エレベーターを使う方が多く、階段は非常時などしか使わないということも多いかもしれません。

しかし、きちんと整備されていないと、いざというときに事故につながったり、2〜3階の人が使った時に「汚いな…ちゃんと管理してほしい」と思われたりする可能性があります。

もし気になっている部分があれば、一度業者に相談されることがおすすめです。

 

大阪市都島区のマンション階段防滑シート貼り替え工事ならヤマナミまで! 

 

2019-11-29 09:38:45 | RSS