トップイメージ画像
トップページ » 総合新着情報 » 外壁ブロックの補修|倉庫の壁が割れ落ちている 大阪市平野区

外壁ブロックの補修|倉庫の壁が割れ落ちている 大阪市平野区

施工前施工後

倉庫の外壁ブロックが割れているので修理してほしい

大阪市平野区の倉庫のオーナー様からのご依頼で、外壁ブロックの補修を行った事例です。

建物周辺の点検をしていたところ、倉庫外壁の角部分が割れおちているのを発見し、ご連絡をいただきました。

早速現地にお伺いすると、写真のように倉庫の基礎部分を覆う化粧ブロックの角が割れて内部が見えている状態でした。

経年劣化でできたひび割れが、地震などの衝撃で割れ落ちてしまったようです。建物の角部分は特に力がかかりやすく、割れることが多い部分です。

貫通はしておらず、割れているのは表面だけでしたが、放っておくとこの部分から水が入り内部の構造を傷めてしまいます。

オーナー様はどうしたらいいかなーと途方に暮れていらっしゃり、まずは相談しながら工事の方針を決めました。

1日で終わる樹脂モルタルを使った補修工事を提案

今回の現場は、スレート外壁との境界が複雑で、ブロックの積み直しが難しく、不可能ではありませんが、かなりの工期と費用がかかると想定されました。

それ以外の方法として、樹脂モルタルという補修材を使った工事があり、こちらは所要時間1日で、3万円程度で補修できるとお話ししたところ、オーナー様はこちらの工事をご希望されました。

樹脂モルタルは通常のモルタルとは違って、軽くて丈夫な補修用の素材です。

オーナー様は、割れた部分が心配だからできるだけ早く来てほしいとご希望されました。

費用:約3万円

工期:約1日間 約1人工

1.周囲の脆弱部分の撤去
2.金網取り付け
3.プライマー材塗布
4.樹脂モルタル充填1回目
5.樹脂モルタル充填2回目(成形)
6.目地つけ


倉庫の外壁ブロックを補修する工程

作業の工程を紹介します。壁とフェンスに囲まれた狭い場所だったので、周囲に注意しながら作業を行いました。

1.周囲の脆弱部分の撤去

先に、周囲の割れ落ちそうなひび割れ部分を撤去しておきます。

ひび割れ部分を放置すると、せっかく施工しても、のとのちその部分から割れてしまう恐れがあるからです。

2.金網取り付け

穴の開いた欠損部分に金網を取り付けます。

かけた内部に空洞があり、施工に支障をきたすので、その隙間を埋めるように金網を詰めます。

金網取り付けには、スキマを埋めるだけでなく、樹脂モルタルを表面につけるときに、接着が良くなり、既存部分と一体化しやすくなるというメリットがあります。

3.プライマー材塗布

樹脂モルタルプライマー材を塗布します。

補修材の接着を高めるプライマー材は、つけないと、工事後に再び割れるリスクを高めますので、既存ブロックの断面と金網に塗り残しがないように塗布しました。

4.樹脂モルタル充填(粗付け)

2種類の液状素材を混ぜて樹脂モルタルを作り、割れた部分の下から充填していきます。

いきなり全面埋めてしまうと、重みでダレてうまく成形できないので、まずは粗付けとして、内部に幾分かだけ充填します。

このとき、上から作業すると垂れ落ちやすいので下から作業を行います。

樹脂モルタルを金網にからめるように押し込んでいきました。

5.樹脂モルタル充填(成形)

一度目に充填した樹脂モルタルが固まるのを待ち、夕方に作業を再開します。

新たに樹脂モルタルを作り、残りの部分に充填していきます。今度は表面をコテで整え、壁の面や角を作りました。

6.目地つけ

樹脂モルタルが固まる前に、ブロックに目地付けを行います。

外壁はブロックで境目の目地がありますが、補修部分はすべて平らなので、違和感がないように、目地の溝をつけました。

周囲のブロック部分と違和感なく線がまっすぐになるように、コテの直線を利用しながら溝をつけていきます。

固まるまで触らないようにお願いし、作業は終了しました。

割れた外壁ブロックを周囲と違和感なく補修することができた

倉庫の割れた外壁ブロックを樹脂モルタルで補修し、周囲と違和感がないように目地付けまで行いました。

作業終了時点ではまだ、境界の色が異なりますが、完全に乾くとほとんどわからない状態になります。

ご依頼主のオーナー様には、敷地のゲートのカギを開けるため、最初と最後に来ていただきました。オーナー様は作業後の壁をご覧になって「きれいになって安心!」と喜んでいらっしゃいました。

倉庫は、住宅などと違って毎日利用する施設ではないことが多く、劣化や破損に気づきにくいケースが多いです。

また、建てっぱなしで点検もほとんどしていないというケースも多く、ひび割れが大きくなって割れ落ちてから気づくというケースも見られます。

少しのひび割れでも早めに補修しておくに越したことがないので、気になる部分がある場合は、専門業者に相談されることがおすすめです。

 

大阪府平野区で外壁ブロックの補修を依頼するならヤマナミまで

 

2019-06-21 16:58:48 | RSS