トップイメージ画像
トップページ » 総合新着情報 » 外壁タイルが落下して危険|築15年4階建マンションの外壁補修 堺市西区

外壁タイルが落下して危険|築15年4階建マンションの外壁補修 堺市西区

施工前施工後

タイルがマンション外壁のどこから落下したかかわからない

堺市西区のEマンションのオーナー様からのご依頼です。

「壁からタイルが落ちてきたのですが、高いところのようで、どこかわからず危ないので、調べて、補修をお願いしたいです」

さっそく現地にお伺いしたところ、4階建てのマンションの地面にタイルが落ちており、おそらくベランダの手すり壁から剥がれたと考えられました。

建物はまだ築15年と比較的新しく、まだまだこれからも使いたいとのことでしたので、しっかりと調査と補修をして欲しいとご依頼いただきました

足場を組んで調査すると全体的にタイルが剥がれかけ危険な状態だった

足場を組み、剥がれた箇所やそれ以外の劣化部分の調査を行ったところ、建物も外壁全体的、広範囲にタイルの浮き(建物との間に隙間ができ剥がれかけている状態)がみられ非常に危険な状態でした。

かなりの広範囲に見られましたので、おそらく施工時のコンクリートの剥離材が残っていたと考えられます。

建物の形にコンクリートを固める木の枠が綺麗に外れるように塗られている剥離材の成分が残っていると、タイルを接着してもしばらくしたら剥がれてしまうのです。

このような広範囲のタイルの浮きを放置しているとある日ドサっと落ちて大事故につながる恐れもあります。

浮いている箇所を打診棒(タイル面を叩いたりなぞったりしてその音や感触で浮きを調べる道具)で調査し、目印をつけ、その部分に接着剤を注入し固定する工事を行うことになりました。

また、建物を長持ちさせるため、タイル表面への防水工事もご希望でしたので、パラクリアーと呼ばれる、タイル専用防水コート材の使用を提案しました。

費用:約300万円 約350㎡

工期:約3週間 約50人工

1.目印通りに穴あけ
2.エポキシ樹脂注入
3.ステンレスピン挿入
4.タイル面洗浄
5.防水コート用プライマー塗布
6.防水コート中塗り(2回)
7.防水コート上塗り(2回)


落下したマンション外壁タイル補修と防水の工程

1.目印通りに穴あけ

調査時に浮いている箇所につけた目印通りに、目地に接着剤を注入する穴をドリルで開け、削りかすなどのチリを掃除します。

2.エポキシ樹脂注入・タイル貼り

ドリルで開けた穴からタイルと建物を固定するエポキシ樹脂(接着剤)を注入します。タイルが剥がれた部分には新しいタイルを貼りました。

3.ステンレスピン挿入

穴に接着強度を高めるためのステンレスピンを差し込み、穴を目地セメントで塞ぎます。

4.防水コート前のタイル面洗浄

防水コートをする前に外壁タイル全体を高圧洗浄機やスポンジできれいにします。

5.防水コート用プライマー塗布

防水コート剤パラクリア専用のプライマー(コート剤の下塗り剤)を塗布します。

6.防水コート中塗り(2回)

パラクリアの中塗り剤を2回塗ります。パラクリアは写真のように下塗り・中塗り・上塗り剤がセットになっており、それぞれ工程が決まっています。

7.防水コート上塗り(2回)

パラクリアの上塗り剤を2回塗り、防水コートが完了しました。

コート剤は乾くと透明になります。

マンション外壁の落下したタイルと浮いた部分を補修して防水コート

マンション外壁のタイル落下部と浮き部を補修し、耐久性を高めるための防水コートを行いました。

お客様は毎日様子を見に来て、作業の内容に納得された様子で、完成後も「しっかりやってもらってよかったです」お喜びでした。

外壁のタイルは部分的に剥がれているだけでも、もしかすると、今回のように広範囲にわたって浮きがある場合があります。

念のため一度プロに調査を依頼されることがおすすめです。

 

大阪府堺市西区でタイルの落下にお困りでしたらヤマナミまで!

 

2018-09-10 15:29:46 | RSS