トップイメージ画像
トップページ » 総合新着情報 » 3階建てビル外壁タイルのひび割れをシーリング工事 大阪市平野区

3階建てビル外壁タイルのひび割れをシーリング工事 大阪市平野区

施工前施工後

3階建てビル正面の外壁タイルにひび割れ

雨漏りにお困りだったビルの外壁タイル面の補修工事を行った事例です。

ビルは大阪市平野区に所在し、築15年、鉄骨3階建てで外壁はALCでした。

タイルは、ビルの正面と両サイドの途中までに貼られており、ALC外壁の表面に直接施工されていました。

タイルのコーナー部分のひび割れや、目地のひび割れも目立つ状態で、おそらく下のALCも割れており、ここから水が入り込んでいると考えられます。

予算上、外壁全体のやり替えは難しく、部分補修をご希望でしたので、ひび割れ部分にシーリング工事を施すことになりました。

外壁に取り付けられた排水管が破損して漏水

また、外壁に3箇所ほど設置された排水管の上部にそれぞれ破損があり、あふれた水が壁に当たったり、隣の敷地に飛び散ったりしてお困りだということで、この部分の補修も承りました。

費用:約25万

工期:約3日間 約6人工

【外壁タイルの補修工事】

1.タイル自体のひび割れの補修
2.狭いタイル目地のひび割れの補修
3.広い目地のひび割れのシーリング補修
4.ガラリ周りのシーリング

【排水管破損部の補修工事】

1.排水管破損部を切断して撤去
2.排水管と漏斗の取り付け
3.ゴミよけの網の設置


外壁タイルの補修工事

1.タイル自体のひび割れの補修

タイル自体にひびが入っている部分は、クリアーシーリングで補修を行いました。

変成シリコンは薄塗りすると、2~3年で劣化してしまいますので、薄く塗っても劣化しにくく、タイル表面に塗っても目立ちにくいクリアーシーリングを使用しました。

2.狭いタイル目地のひび割れの補修

タイル目地のうち、狭い部分にできたひび割れはクリアーシーリングで補修を行いました。

3.広い目地のひび割れのシーリング補修

タイル目地のうち、幅の広い部分は、変成シリコンでシーリングを行いました。

4.ガラリ周りのシーリング

タイル面に設置されたガラリ(排気口)周りをクリアーシーリングで補修しました。

外壁の排水管破損部の補修工事

1.排水管破損部を切断して撤去

破損した排水管の中継部の下部分を切断して撤去しました。

塩ビ管をきるナイフで60cmほどを切り取ります。

2.排水管と漏斗の取り付け

新しい塩ビ製の排水管を取り付け、その上部には古い排水管の下端を包み込みように漏斗を設置しました。

この時、壁と排水管を固定する部分に回りこませるように漏斗を切り取り、隙間をしっかりとシーリングしました。

3.ゴミよけの網の設置

最後に漏斗の上部にゴミなどが入らないように、金網をかぶせて作業は終了です。

タイル面の部位に合わせて適切なシーリングを行った

工事は屋上から吊り下げたチェアーゴンドラで安全面に気をつけながら、タイルや目地に合わせたシーリングを行い、排水管の補修を行いました。

今回は、タイル面と排水管以外にもALC外壁面のひび割れ補修を行っております。

⇒詳しくはこちら
『築15年のビル外壁を部分補修して雨漏り解消 大阪市平野区』

ALCの表面に貼ったタイルにひび割れが入った場合、下地のALCにも高確率でひび割れが入っており、放っておくと、内部に水が入り、雨漏りや建物の劣化につながります。

また、割れたタイルが剥がれ落ちると非常に危険ですので、タイルやタイル目地の劣化を見つけた時は早急に補修工事を行うことがおすすめです。

 

大阪市平野区の外壁タイル面のひび割れにお困りならヤマナミへ

 

2018-01-30 13:21:34 | RSS