トップイメージ画像
トップページ » 総合新着情報 » 屋根か外壁から雨漏りでシーリング工事 奈良県 O保育園

屋根か外壁から雨漏りでシーリング工事 奈良県 O保育園

施工前施工後

 

木造2階建て保育園の雨漏り防水工事を行いました

場所は奈良県にあるO保育園。
施工距離80mを1人工で1日かけて、屋根と外壁のシーリングを使用しての雨漏り防水工事を行いました。
※シーリング工事の場合は、施工面積でなく施工数量と表しますのでメートルと記載しております。

屋根と外壁から雨漏りが・・・

今回、カラーベスト屋根自体には問題ありませんでした。
ただ、屋根周辺と外壁のシーリングが劣化しており、そこから雨漏りをしておりました。
その為今回は、シーリング工事を外壁と屋根周辺に対して行わせて頂きました。

シーリング材の種類

シーリング材にはいろんな種類があり、シーリング工事を自分で簡単にされる方もおられますので、一部紹介いたします。

変成シリコン系今回はこれを用いましたが、これの特性としては一般のシリコン系シーリング材よりも安く柔らかいので動きに強いという特性があります。
ちょうどウレタン系とシリコン系の良いとこ取りをしたようなものです。
主に、外壁の化粧や動きの多い金属類にもよく利用します。

シリコン系…耐候性が強く、ガラス類によくひっつく特性がありますが、目地の周辺を汚染する事もあるので、汚染防止処理を行うなどシッカリとした下処理が必要。

ウレタン系…耐久性は一番高いが、紫外線に弱くホコリを吸いつける事が多いので、塗装を行う事を前提に利用しないと劣化が早く進んでしまいます。

アクリル系… ALCパネルなどで新築時に利用され、湿ったところでも使えるというメリットがあるが、耐久性が低いので改修工事などで利用されることはほぼ無いです。

他にも、何種類かありますが、大きくはこの4つです。
なかなか御判断が難しい箇所もありますが、基本的にこの4つで有る程度は賄えると思います。 

費用:約4万円

工期:1日、1人工

・天井の腐食箇所の張り替え
・シーリングのテーピング養生
・シーリング処理 


 

シーリング工事の工程


(1)まず、屋根からの雨漏りにより天井の木材が腐食していた箇所を張り替えました。


(2)シーリングを打つところにテーピング養生をしました。
  今回は、シーリングの打ちシロが有る為、シーリングの打ち増しとします。


(3)下屋の外壁や屋根との取り合い部の水切りへもテーピング養生を施します。


(4)シーリングのはみ出し部などをカッターなどで撤去処理します。


(5)シーリング材の接着性を上げる為に、プライマー材の塗布をしております。


(6)プライマー材を塗布したところに、シーリング材の充填をしております。


(7)屋根の水切りの取り合い部やカラーベスト屋根の端へもシーリング処理をしました。
 ※通常は屋根と同じ色のシーリング材を利用しますが、今回はお客様の要望でコストを下げる為に、
  屋根へも外壁と同じ色のシーリング材を利用しました。


(8)屋根の妻側のケラバ部もしっかりとシーリング処理を施します。


(9)外部と換気させる為のガラリや配線ボックス廻りへもシーリング処理を施しました。


(完成)下屋の外壁と水切り部のシーリング処理が仕上がりました。
   これで今回のシーリング工事は全て完了です。


(完成2)シーリング処理を施した箇所の完成写真です。

ヤマナミから一言

今回はシーリング処理で雨漏りを止める事ができた為、塗装のやり変えなどを行う必要が無かったので、お施主様の要望通りのコストを抑えた工事ができました。 
大阪の株式会社ヤマナミでは、防水工事を依頼して頂いた方の為に、シッカリと原因を調査して必要な工事を必要に応じて適切に行っております。
その為、想像以上の格安防水工事が出来る事もあります。
もし、少しでも雨漏りがあるなどでお困りの方がおられましたら、お気軽にお問合せください。

→ 大阪のシーリング工事は株式会社ヤマナミにお任せください。 

 

2015-06-29 09:33:00 | RSS