トップイメージ画像
トップページ » 総合新着情報 » 驚きました

驚きました

日頃お世話になっていますS社長様からお電話をいただき

ビルを調査してほしいとのことで、後日訪問させていただきました。

調査させていただいたRビルは、築40年程経っているのですが、

経年数のわりにはそれほど傷んでいないと感じました。

しかし裏側に廻り見てみると、なんと外壁が剥がれているでは

ありませんか。驚きました。

剥がれているのは窯業系のサイディングボードで、木下地材を

元の壁RCへ釘で打ちこんでありました。

しかし、水が廻り釘が錆びて木下地材も腐っていました。

窯業系のサイディングボードは、かなり重たいもので、耐えきれずに

剥がれ落ちたと考えられます。

通行人などがいたらと思うとぞっとします。

このビルはS社長様が数年前に購入されたもので、その時はまさか

下地がこんな状態とは想像もしなかったと思います。

20年程前に装飾されたとのことで、当時傷んでいる下地を補修し、

塗装を施すよりも、外装材を貼ったほうが手っ取り早いと

思ったのかは分かりませんが、あまり良いやり方ではないと思います。

下地もかなり傷んでいるようで、外装材が剥がれてしまった所の下地を

見ると、大きなヒビ割れが見られ、全体的に傷んでいることが

推測されます。

おそらくその他の壁材も直にに剥がれ落ちる事が予測されます。

4F建の建物で、4F部分がバルコニーになっているので、

上らせていただきバルコニー廻りも調査させていただきました。

バルコニーの防水はかなり傷んでいて、所々シーリング補修を

されてました。しかしそれは防水機能を果たせるようなものでは

ありませんでした。

それから脚立で屋上にもあがらせていただきました。

またも驚きました。

あるはずのものがありません。それは笠木(雨避けカッパ)が無くなって

いました。屋上を見渡しましたがありません。

剥がれてどこかに飛んでいったようです。またもぞっとしました。

これもまた外装材同様、木下地材を釘で留めていたようですが、

水が廻り朽ちた結果剥がれてしまったのでしょう。

残っている笠木を見てみると、ジョイント部(繋ぎ目)や釘の頭への

シーリング材が風化し、無くなっていました。

シーリング材は防水性だけでなく、部材の伸縮などを緩和する

役割もあります。シーリングが劣化し、水が浸入し、笠木の伸縮に

追従出来ずに剥がれ落ちたと考えられます。

このままでは、外装材が剥がれ落ちるのも時間の問題で、

部分補修レベルではないと思いました。

足場を組み、既存の外装材を剥がし、下地の補修キッチリし塗装を施し、

4Fバルコニー部や屋上部へは防水のやり替えが必要と、S社長様に

ご提案しました。

S社長様にはご納得していただき、後日全体の改修工事を行うことに

なりました。

 

 

 

2013-02-17 18:37:14 | RSS