トップイメージ画像
トップページ » 工事内容 » 防水工事

防水工事

防水についての考え方

防水の耐用年数は10~15年といわれています。ベランダや屋上の床がモルタル(コンクリート)で覆われているとわからないのですが、10~15年経つと新築時の防水はおそらく機能していないと思われます。なかなか雨漏りしないと防水工事を行わないと思いますが、建物のためにも早めの防水工事をお薦めします。

施工例1:



 


 

施工例2:



防水やり替えの目安

ベランダや屋上の床(モルタル、コンクリート)の場合、ヒビやカビ、コケなどが発生していれば、やり替えの時期です。防水加工してあるベランダや屋上の場合、膨れ、めくれなどがみられたら、やり替えのサインです。

防水やり替えの流れ(塗膜防水の例)

下地床の清掃(既存防水をはがす場合もあります)
 ↓
床の乾燥状況確認
 ↓
下地処理
 ↓
プライマー塗布
 ↓
下塗り
 ↓
中塗り
 ↓
上塗り
 ↓
トップコート塗り
 ↓
床周辺の清掃
 ↓
仕上げ完了

 

※工事金額は建物の形状、状況により変わります。ご了承下さい。

※小面積のベランダなどの工事金額は、一式料金となります。

※その他、足場組み工事料金がかかる場合があります。