トップイメージ画像
トップページ » 総合新着情報 » 「防水市場」用語集

「防水市場」用語集

「防水市場」用語集です。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合わせくださいませ。


防水の種類

防水材

防水材の種類は、膜を何層も重ねて防水層を形成するメンブレン防水と、予め膜層状のものを貼りつけるシート防水に大きくわけます。


[メンブレン防水材]

ウレタンゴム系ゴムアスファルト系

複雑な形状でも施工が容易で、継ぎ目のない防水層の成形が可能です。
防水膜形成時に天候の影響を受けやすく、外部からの衝撃に弱い。

ポリマーセメント系

水槽や地下での防水に用いられ、有害物質を含まない無害・無毒性なので安全に使える。天候の影響を受けやすく、均一な厚さの防水層の確保が難しい。

FRP

ポリエステル(ビニルエステル)樹脂を塗布したガラスマットを貼りさらに樹脂を塗布して蓄層して防水層を構成する防水で、ウレタン系と複合した工法などもあり、硬くて軽量、新築戸建て住宅のベランダに多く使われている。

アスファルト系

容融釜を用いて容融したアスファルトとルーフィングを、交互に数層重ねて防水層を構成する熱工法と、合成ゴムや合成樹脂をアスファルトに添加し、耐候性を向上させた改質アスファルトシートをトーチバーナーであぶり接着し防水層を構性する常温工法がある。熱工法は歴史も古く、多くの現場で使用され、常温工法は容融釜などが必要なく、臭気も少なく耐衝撃性に優れている。

[シート防水材]

合成ゴムシート系

合成ゴムを主原料としたシートで、下地の動きの大きいALC板などに対応可能。
しかしシート層が薄く、突起物や衝撃に弱い。

塩ビシート系

塩化ビニル樹脂等の合成樹脂を主原料としたシートで、シート自体に着色されており、保護層なしで、軽歩行が可能。機械固定工法では、風圧力に耐えるよう、固定金具の取付間隔の管理が必要。

 

※他にも防水材がありますが、一般的によく使われるものを掲載しました。

 


 

シーリングの種類

シーリング防水材

外壁材のジョイント部や、窓の廻り、ガラスの廻りに用いられる合成樹脂または合成ゴム製のもので、ペースト状のものを充填して仕上げる不定形シーリング材(1成分形と2成分形がある)と、予め成形されたものをはめ込む定形シーリング材(ガスケット)がある。

不定形シーリング材

シリコーン系

耐候性に優れ、ガラスや金属・カーテンウォールなどに適する。
ただし、汚れが付着しやすく目地周辺を汚染い。他のシーリング材や塗装などとの付着性に欠けるなどの欠点もある。塗装不可

変成シリコーン系

耐久性・目地周辺への汚染防止性に優れているが、ガラスへの接着は劣る。
いろいろな箇所に適しているので、幅広く使用されている。塗装可能

ポリイソブチレン系

耐久性・目地周辺への汚染防止性に優れ、カーテンウォール目地部改修工事などに使用されるが、開発されてから日が浅いので、使用前の確認が望ましい。

ポリサルファイド系

汚れが付着しにくく、目地周辺への汚染が少ない。主に石材やタイルの目地に使用される。
伸縮性に劣るので、動きの大きな部所への使用は出来ない。塗装可能(タイプにより)

ポリウレタン系

耐候性・耐久性は劣るが、多くの仕上げ塗装材との相性が良いので、多く使用される。
仕上げ塗装により耐候性・耐久性を補うことが出来る。塗装可能

アクリルウレタン系

ポリウレタン系と類似した性質を持ち、仕上げシーリング材としても使用出来る。塗装可能

アクリル系

材料中の水分が蒸発しての硬化となるため、充填後、未硬化時に雨水などによる流失など問題はあるが、動きの少ないALC目地などに多く使用されている。塗装可能

定形シーリング材

シリコーンゴムエチレンプロピレンゴムクロロプレンゴム塩化ビニルサーモプラスチックなどがある。
他にもシーリング防水材がありますが、よく使われるものを掲載しました。 

※当社が使用するのは、外壁や水廻りに使われる不定形シーリング材です。