外壁のヒビやシーリングの剥がれ、屋上、ベランダなどの防水層の膨れやめくれを放置していませんか? 知らない間に隙間から雨水が入り、壁や柱を腐らせてしまう場合があります。「防水材は劣化するもの」ですので防水のメンテナンスをすることにより、建物の寿命を延ばします。当社では、「雨漏りしている!」ではなく「雨漏りする前に!」防水のメンテナンスをおすすめしています。《見積無料》

新着情報

2017.12.07
.
2017.12.07
ビル屋上の防水シートが破れて雨漏り!ウレタン防水へのやり替え工事 大阪市中央区
大阪市中央区のオフィスビル屋上の防水やり替え工事の事例です。雨漏りにお困りのビル屋上80㎡の床面の塩ビシートによる既存防水をウレタン塗膜防水に交換しました!
.
2017.12.06
只今工事中です。
防水復旧工事
.

 

防水市場3つの約束

1、適正な価格

・中間業者を通していないので、ハウスメーカーや工務店と比べて安い。

2、安心の工事

・防水は外壁・屋上・屋根の種類や工法、建物の構造によって対処法が変わるた め、防水屋だから出来る工事があります。施工実績29888件。

3、徹底した事前調査

・雨漏り診断のプロがどこを補修すればよいか診断します。大阪府下全域、近畿 一円お伺いします。

 

外壁の目地、サッシの廻りが…こんな状態なら

 やり替えの目安

外壁の目地やサッシ廻りのシーリングが、剥がれていたり、やせていたら、打替えの目安です。


ベランダや屋上の床が…こんな状態なら
(防水工事のサイン!)

 やり替えの目安

ベランダや屋上の床(モルタル、コンクリート)の場合、ヒビやカビ、コケなどが 発生していれば、防水工事のやり替えの時期です。現状防水層が露出のベランダや屋上の場合、めくれ、膨れなどがみられたら、やり替えのサインです。
防水工事は、サインがでれば点検をお勧めします。 

建物の壁や、窓の周りが…こんな状態なら

 やり替えの目安

建物の壁(モルタル壁)や、窓の廻りにクラック(ヒビ割れ)、タイルの剥がれ、サイディング壁の場合壁の塗装のツヤがなくなってきたり、壁が浮いてきているなどの症状がみられたら、補修工事の時期です。

外壁や手摺が…こんな状態なら

 やり替えの目安

外壁を触ってみて、塗膜層が手に白く着いたり、手摺などの鉄部が錆てペンキが剥がれているようなら、塗り替えの時期です。


≫雨漏り補修・外壁塗装・防水工事専門「株式会社ヤマナミ」とは?

防水工事のメンテナンスは大切

お家も人の体と同じで、長年生活していると傷みなどが発生します。
病院で健康診断を受けるように、お家も定期的な診断が必要です。
築10年を超えるお家にお住まいで、屋根、屋上、外壁の雨漏りやコーキング、防水、塗装の状態が気になる方は、防水市場までお気軽にお問い合わせください。
プロがお伺い雨漏り診断し、お家にあった工事をご提案させていただきます。